Google Workspace割引クーポン無料配布中! 詳しくはこちら

Googleフォームの回答用URLを短縮する方法と注意点(デメリット)

  • URLをコピーしました!

Googleフォームで作成した申し込みフォームの回答用URLを短縮する方法について解説します。

URLを短縮することで、文字数がぐっと少なくなり見た目がスッキリします。

SNS等で利用する際に、制限文字数の節約にもなるでしょう。

ただし、短縮URLを使用する際には注意点もあります。

この記事では、画像付きでGoogleフォームの短縮URLの取得方法を丁寧に解説した上で、デメリットについても解説します。

この記事でわかること
  • Googleフォームの回答用URLリンクを短縮する方法
  • URLを短縮するメリット・デメリット
タップできる目次
スポンサー

GoogleフォームのURLリンク取得方法

STEP
送信ボタンをクリック

フォームエディタの右上隅にある「送信」ボタンをクリックします。

STEP
リンクタブを選択

「送信」ダイアログが表示されると、いくつかの送信オプションがあります(メール、リンク、埋め込みコード)。

リンクのアイコン(鎖の形をしたアイコン)をクリックします。

STEP
URLをコピー

表示されたURLをクリックしてコピーします。

このURLを参加者に送信することで、フォームにアクセスしてもらいます。

STEP
URLを短縮する

最重要ポイントです!!

URLが長い場合、右下にある「短縮URL」のチェックボックスをオンにして、短縮されたURLを取得することもできます。

STEP
貼り付けたい場所へCtrl + V

コピーが完了したら『Ctrl + V』でペーストします。

※Macの場合は『Cmd + V』

マウスの右クリック→貼り付けでも可能です。

以上の手順でGoogleフォームの短縮URLを取得できます。

このURLをメールやSNS、ウェブサイトなどで共有して、参加者に回答してもらえます。

Googleフォームの短縮URLの仕組み

そもそもGoogleフォームの回答用URLを短縮して表示する仕組みについて解説します。

Googleフォームの短縮URLを作成すると以下のようになります。

短縮前短縮後
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdyj-Zr3kz7VskiAeIkD7CMhEuXbWug9we7UCoAJ_iFvkthWg/viewform?usp=sf_linkhttps://forms.gle/h6SAzbmK3dT3AQsF9
URLの短縮前後

特にオレンジ色のマーカーを引いた箇所に注目してください。

短縮前のURLは『docs.google.com』となっています。

こちらがGoogleドライブ内に保存されているGoogleフォームの正規URLです。

対して短縮URLは『forms.gle』となっています。

短縮URLの場合、Googleが管理しているサーバーでに一度アクセスし、正規のURLを照合して返すといった手順が発生します。

短縮URLのイメージは以下の通りです。

(正しい構造ではないのですが、初心者の方にわかってもらえるようざっくり書きました。)

Googleフォームの回答用URLを短縮するメリット

Googleフォームの回答用URLリンクを短縮するメリットは以下の通りです。

見た目がスッキリ

短縮されたリンクは短く見た目がすっきりしているため、スペースが限られている場所での使用に適しています。

短縮前と短縮後のURLを以下に載せています。

短縮前短縮後
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdyj-Zr3kz7VskiAeIkD7CMhEuXbWug9we7UCoAJ_iFvkthWg/viewform?usp=sf_linkhttps://forms.gle/h6SAzbmK3dT3AQsF9
URLの短縮前後

QRコードの文字が潰れない

URLが短いと、生成されるQRコードもシンプルになります。

以下が短縮前と短縮後で作ったQRコードです。

短縮前短縮後
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdyj-Zr3kz7VskiAeIkD7CMhEuXbWug9we7UCoAJ_iFvkthWg/viewform?usp=sf_linkhttps://forms.gle/h6SAzbmK3dT3AQsF9

シンプルなQRコードは、カメラでのスキャンと認識スピードが上がります。

また、QRコードがシンプルになると、大きさを小さくしても印刷が潰れにくくなるメリットがあります。

QRコードの大きさを整えて、デザインのカスタマイズやロゴの組み込みといったデザインの自由度を高められるでしょう。

Googleフォームで取得したURLをQRコードにしたい場合はこちらのサイトで自動作成してくれます。

QRコードを作成出来るので活用してください↓

SNSで運用しやすい

X(旧Twitter)やInstagramといったSNSは投稿やプロフィールに文字数制限が設定されています。

短縮URLを使うことで文字数の節約にも繋がり、他の文章を入れることが可能です。

イメージ

Googleフォームの回答用URLリンクを短縮するデメリット

Googleフォームで作成できる短縮URLに関してのデメリットですが、私の運用経験上トラブルになったことはありません。

ですが、口コミを調査するといくつか注意点があったので解説します。

Internal Errorと表示されてGoogleフォームが表示されない

通信障害などで、Googleフォームの短縮URLが開けず、『Internal Error』と表示されることがあります。

この場合は、正規のURLであれば問題なく機能することが多いです。

Googleフォームの回答用URLを短縮する必要がないのであれば、正規のURLをそのまま使用したほうがいいと思います。

イメージ

短縮URLサービス(外部)を利用する際は気をつけて!

GoogleフォームのURLを短縮する方法ですが、外部サービスとしてURLを短縮してくれるところもあります。

有名所では『Bitly(ビットリー・ https://bitly.com/)』あたりでしょうか。

外部サイトを利用して、Googleフォームの回答用URLを短縮することは可能です。

ただし、以下の点に注意が必要です。

リンク先不明の問題

短縮URLの実際のリンク先が不明瞭なため、ユーザは詐欺サイトへの誘導を警戒する可能性があります。

信頼性を保つために、カスタムドメインを使用することを検討してください。

表示速度の遅延

短縮URLはサービスのサーバーを経由するため、表示速度が遅くなることがあります。

ユーザの離脱を引き起こす可能性があります。

サービス終了のリスク

短縮URLサービスが終了すると、関連するURLは利用できなくなります。

サービスの変更や終了時の対応策が必要です。

迷惑メールのリスク

短縮URLをメールで使用すると、迷惑メールと判定される可能性が高まります。

ハイパーリンクと同じ手法で、詐欺サイトへの誘導を促す悪質メールなどもニュースでありました。

Googleフォームの短縮URLを利用する場合、外部サイトの利用よりもGoogleフォームに搭載されているURLを利用したほうがいいと思います。

Googleフォームを組織内で運用する場合

Googleフォームの回答を組織内のみで運用する場合は、有料版である『』に申し込む必要があります。

Google Workspaceに関する記事はこちらを御覧ください。

まとめ

Googleフォームで作成した申し込みフォームのURLを取得して貼り付ける方法について解説しました。

私のブログではGoogleフォームを使った活用事例や使い方もご紹介していますので、ぜひ他の記事も参考にしていただけると嬉しいです。

以上、ごすけでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次