Google Workspace割引クーポン無料配布中! 詳しくはこちら

ChromeのWebサイトをアプリ化する方法 – MacのDockに追加して快適に!

  • URLをコピーしました!

Google Chromeを使用してWebサイトをアプリ化する方法について解説します。

よく使うWebサイトはブックマークに登録している人は多いと思います。ブックマークは便利ですよね。

でも「ブラウザを開いてブックマークの中から選ぶ」という作業をもっと効率化させたいと思いませんか?

「でも、これ以上ショートカットはできないのでは?」と思いそうですが、次のように「デスクトップアプリ」にする方法があります。

デスクトップアプリ化したイメージ

デスクトップアプリとしては存在しない「ChatGPT」や「Gmail」が、まるでアプリのように表示されていますよね?

本記事で紹介している方法を実行すれば、このような「WEBサイト」をアプリとして登録できるようになり、アクセスが楽になりますよ。

今回はGoogle Chromeを使ったアプリ化の具体的な手順を解説し、アプリ化するメリットを紹介します。

現役技術者である「ごすけ」がおすすめする『アプリ化におすすめのWebサイト』も教えますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • Google Chromeを使ってWebサイトをアプリ化する方法
  • Webサイトをアプリ化するメリット
  • アプリ化におすすめのWebサイト

本記事ではMacbookのGoogle Chromeを使用していますが、Windows版Google Chromeでも同様の手順でアプリ化することが可能です!!

タップできる目次
スポンサー

ChromeでWebサイトをアプリ化する方法

さっそくChromeを使ったWebサイトのアプリ化する手順について解説します。

アプリ化には大きく分けて2種類あります。

種類該当するサービス
アプリとしてインストール YouTube
 X(旧Twitter)
 Instagram など
ショートカットを作成してアプリとして開く Gmail
 Amazon
 ChatGPT など

それぞれ画像付きで解説します。

アプリとしてインストールする

YouTube、X(旧Twitter)、Instagramなどのサイトは、Chromeの「インストール」機能を使ってアプリ化できます。

STEP
アプリ化したいWebサイトを開く

Google Chromeを使ってアプリ化したいWebサイトを開きます。

例として「YouTube」を開きます。

STEP
アドレスバーの「ダウンロードマーク」をクリック

アプリ化できるWebサイトはアドレスバーに『ダウンロードマーク』が表示されます。

クリックしてください。

STEP
インストールをクリック

アプリのインストールをするか聞かれます。

問題なければ『インストール』をクリックします。

STEP
アプリ化完了

アプリ化に成功したら、Dockで開いて表示されます。

以上でアプリ化は完了です!

ダウンロードボタンが見当たらない場合、右上の3点マーク『・・・』をクリックしてください。

『YouTubeをインストール』をクリックすることで、アプリ化することが出来ます。

ショートカットを作成してアプリとして開く

Gmail、ChatGPT、Amazonなどのサイトは、Chromeのメニューから「その他のツール」→「ショートカットを作成」を選択してアプリ化します。

STEP
Webサイトを開く

アプリ化したいWebサイトを開きます。

ここでは例として「Gmail」を開きます。

STEP
右上の3点マーク『・・・』をクリック

画面右上にある3点マーク『・・・』をクリック

『その他ツール』をクリック

『ショートカットを作成』をクリック

STEP
『作成』をクリック

『ウィンドウとして開く』にチェックを入れる。

『作成』をクリックします。

STEP
アプリ化完了

アプリ化に成功したら、先程と同様、Dockで表示されます。

デスクトップやタスクバーに直接アクセスできるショートカットが作成され、ブラウザを開かずにサイトをすぐに利用できます。

アプリ化するときに『ウィンドウとして開く』には必ずチェックを入れてください。

入れなかった場合、Google Chromeの新規タブとして開いてしまいます。

このあと説明するWebサイトをアプリ化するメリットが受けられないので、チェックを入れましょう!

アプリ化したアイコンはどこ??

アプリ化したサイトは一度Dockに表示されます。

しかし、Web化されたアプリを閉じてしまうと、どこに消えてしまったのか分からなくなってしまいます。

Web化したアプリは『Chrome アプリ』というフォルダに保存されています。

Finderを使って以下の方法で検索してください。

  • 『Finder』アプリを開く
  • 右上の検索窓で『Chrome アプリ』と検索
  • 『Chrome』アプリをクリック

すると、アプリ化されたWebサイト一覧が表示されます。

目的のアプリを開くなり、Dockに追加しましょう!!

アプリ化したWebサイトのアンインストール方法

アプリ化したサイトをアンインストールする方法は以下のとおりです。

  • 画面右上の3点マーク『・・・』をクリック
  • 「YouTube」をアンインストールをクリック

上記の方法で、デスクトップから消すことが可能です。

Webサイトをアプリ化するメリット

Webサイトをアプリ化することのメリットについて解説します。

  • Dock(デスクトップ)からアクセスできる
  • Command + Tabキーでショートカット移動ができる
  • 余計な情報をシャットダウンできる

Dockからアクセス出来る

Macを使っている場合、画面下部(またはユーザーが設定した場所)にあるDockをクリックするだけで、目的のサイトに素早くアクセルすることが可能です。

Command+Tabキーでキーボード移動ができる

アプリ化することで、commandキー(Macの場合)やタブキーでの間に切り替えが可能になります。

新しいタブを開く必要がなく、作業中に他のタブに気を取られることが少なくなります。

また、更新ミスによる書き直しや上書きの心配も減り、作業効率が向上します。

余計な情報をシャットダウンできる

Webサイトをアプリ化すると、余計な広告やポップアップが表示されにくくなります。

集中して作業するための環境が整い、余計な情報に惑わされることなく、必要なコンテンツに集中できます。

イメージ

Webサイトをアプリ化するデメリット

便利なアプリ化ですが、なんでもかんでもWebサイトをアプリ化しすぎると、逆に管理しきれず生産性が落ちてしまう可能性が発生します。

Chromeに搭載されているBookmarkをうまく活用しながら、ご自身の作業環境に合わせてWebサイトのアプリ化をすすめましょう。

私はネットショップ系はChrome標準のBookmark機能を使っています。

私はネットショップ系はBookmarkで管理

アプリ化におすすめのWebサイト

Chromeでアプリ化をする方法をご紹介しましたが、「何をアプリ化すればいいのか分からない」という方も多いと思います。

そこで、私がアプリ化して実際に活用しているWebサイトを5つご紹介しますので参考にしてください。

おすすめWebサイト目的

Google Photo
写真やビデオの管理が容易になり、アクセスが迅速に。

Gmail
今までMac標準のメールアプリを使っていましたが、使いづらくて断念。
使い慣れたGmailで操作が出来ます。

Google Keep
ちょっとしたメモに役立つ。Automationを使ってオリジナルショートカットですぐ呼び出せるようにしている。

Googleカレンダー
予定はちょくちょく確認するので、重宝。

ChatGPT
一番おすすめ!!むっちゃ使ってる!!
MacGPTとかあったけど、アプリ化が一番自分にとってつかいやすかった!!

Google Workspaceで使っているアプリ系が多いですね。

私の一番のおすすめは『ChatGPT』です。

孫正義さんも「ChatGPTを使っていない人は電気や自動車を使っていないのと同じこと」と言っていました。

これからAIを使った仕事術が主流になると思っているので、ぜひアプリ化してフル活用してください。

まとめ

Google Chromeを使用してWebサイトをアプリ化する方法をご紹介しました。

Dockに追加することで、日々の生産性を格段に向上させることができます。

※アプリの作り過ぎには注意してくださいね・・・・・・。

Webサイトをアプリ化すると、その画面でやることに集中出来て、作業効率が向上します。

ぜひ、よく使うサイトをアプリ化して、日々の作業をスムーズに行いましょう!

以上、ごすけでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次